透明まる氷♪

お店のお話

しゅくらんではリユース商品を売っていたりもします。
少し前に丸氷を作る製氷器をお出ししており、幾人かのお客様にお買上げいただいたのですが、ウイスキーの話の際に出てきた透明の丸氷を作る製氷器はアレではございません(。-人-。)

透明丸氷を作れる製氷器は何種類かありますが、我が家はドウシシャさんの『大人の透明まる氷』を使っており、想像以上に優れモノだったので、尋ねられるお客様にはお伝えしておりますが廻し者ではございません(笑)

ミネラルウォーターを使う人もいるようですが、我が家ではブリタで浄水した水道水の湯冷ましを使っており(←コレもまたどんだけ美味しく酒を呑むことに貪欲なの!と言われますが)、お手軽に溶けにくい直径6㎝と大き目な透明丸氷が作れます。

大体 17㎝ × 10.5㎝ × 12㎝ の箱状の形をしているので冷凍庫内を占拠してしまうことと、氷が出来上がるまで16時間かかる(←と説明書にありますが、我が家は20時間くらいかかるように感じます)ので、酒呑み奥様でない御家庭では嫌がられる場合もあるようです。

他の丸氷製氷器で気になった物もあったのですが、コチラは一度に2個作れるのにお値段お安めで大変コスパがよく、熱可塑性エラストマーというゴムのような素材が固くならないので取り出しやすくて気に入っております。
リユース商品に出した丸氷製氷器は透明氷タイプではないもっとお安い物ですが、シリコン部分が段々と固くなって取り出すのに力を要するようになり、リユース☆カゴへ…

ちなみに『このリユース品って中古ってことですか?』と尋ねられたお客様がおりましたが、そうです。
リユースの定義は『使用済みになっても、その中でもう一度使える物はゴミとして廃棄しないで再使用すること』です。まれに使わない物なのでと未使用品が出ていることもあったりします。

実はしゅくらんは、足立区のごみ減量推進課さんの、ゴミの減量やリサイクル活動を推進するために頑張られている『Rのお店』に登録させていただいており、その一環として、自分達が使わなくなった物や、空き瓶など、まだ使えそうな物を『リユース☆カゴ』に入れて販売しているのですが、このコーナーを見るのが大好きと言ってくださるお客様もいらっしゃいます。

ちなみに『3R』とは、環境省や各自治体などで推進されている、ごみを減らすための環境行動をあらわすキーワードで、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う『循環型社会』をつくる一歩になる下記の3つのRです。

◆リデュース 使用済の物がゴミとして廃棄されることが少なくなるように物を製造・加工・販売すること
◆リユース  使用済みになっても、その中でもう一度使える物はゴミとして廃棄しないで再使用すること
◆リサイクル 再使用できない、また再使用された後に廃棄された物でも再生資源として再生利用すること

日本では、以前よりリサイクルという言葉が一番身近にあったのではないかと思いますが、リサイクルショップなどは本当はリユースショップというのが正しいのでしょうね。

昨年よりレジ袋の有料化が義務付けされたためマイバッグご持参のお客様が増えたな~と思います。
しゅくらんでも過剰包装の自粛を心掛けておりますが、焼き立てのパンは紙袋に入れており、そのままお渡しすると紙袋に染み出した油分・水分がマイバッグについてしまう → 洗濯回数を増やしてしまうかな~と思い、紙袋+サッカー袋の二重にしてお渡しするようにしておりますが、これってエコか?とも…”(-“”-)”
まだまだ手探り状態が続いております。

お店のお話
mpk-shukranをフォローする
無添加ぱん工房shukran

コメント