A看板ありがとう(。-人-。)

お店の顔にもなる入口扉の前のA看板。コレが出ているとしゅくらんやってるな、と思うと仰られるお客様も幾人もいらっしゃいました。

初代は赤いフレームがステキ~、なのにお安い~とひとめ惚れで購入したのですが、1年くらいでパリパリと赤い木屑が出てしまって引退でした。

今の子は二代目で、初代をふまえ、耐久性やら使い勝手を考えて買ったのですが、さすが5年近くたつと至る所にガタがきており、騙し騙し使っておりましたが、ついに…(涙)

長い間、ご苦労サマでした。ありがとう(。-人-。)

同じ物をまた…とも考えたのですが、あのA看板にぶつかられるお客様、意外といらっしゃいまして… そして、A看板って、オシャレな感じの手書きテイストが映えると思うのですが、しゅくらんは2人とも絵も字も下手な上にセンスも皆無… ださパン屋のしゅくらんにおいてのA看板の必要性って… と考えあぐねております。

しばらく悩んでみようと思いますので、A看板は出ておりませんが、しゅくらんは通常営業しております!

何もないのも淋しいかな~と思い、なんとなしに開かない方の扉のガラスに、A看板のデザインのポップを貼ってみました。

そして、オープン当初に購入していた『やきたてパン、あります』みたいな小さいのぼり旗があったはず!と探し出してガラスにペタっと貼ってみました。(なんで数多あるのぼり旗の中から我々がチョイスしたのがコレだったんだろうね~と、朝っぱらから笑いあうくらい小っさいので笑ってやってください)

 

お店のお話
mpk-shukranをフォローする
スポンサーリンク
無添加ぱん工房shukran

コメント