クロワッサン♪

パンメニューについて

毎年、梅雨~暑い時期、お休みさせていただいている『クロワッサン』系のパンですが、少し前からいつからお休みするのかと尋ねられることが多くなりました。

例年、いつから!と日にちで決めているワケではなく、気温・湿度・梅雨入りの声と相談しながら、シートバターの仕入れ具合と相談しながら、お休みする予定を決めるのですが、今年は思いのほか梅雨入りが早そうですね▼

焼きあがるまでにたっぷり3日かかるしゅくらんのクロワッサン、サクサクで美味しいと人気の一品です。
風味のよい発酵バターを織り込んでいるので扱いの難しい生地でして、冬場は暖房を入れる前に、朝一番の寒~い工房でクロワッサンを成型します。そして夏場は人間様が寒かろうが、冷房キンキンな中、長袖を着てクロワッサンを作ります(苦笑)

手を冷やし、生地を乗せる天板も冷やし… 試行錯誤しているのですが、暑さもモチロン、湿度の高さは大敵で、せっかく苦労して何とかサクサクに焼き上げても、時間とともにクロワッサンが空気中の湿気を吸って2~3時間後にはシットリしてしまいます。(クロワッサンに限らず、パンは空気中の湿気を吸ってしいます)

という理由で、暑い時期のクロワッサンをお休みするようになったのですが、現在、定期予約で『クロワッサン』を御予約いただいているお客様が数名おりまして、現在、御相談をさせていただいております。

『クロワッサン』って、発酵バターが製パン用にシート状になっているのですが、1シートでも50個近くできてしまい、10個20個単位では焼くことができず、少ない予約数だけを焼く事が難しいパンなのです。

ですが大のクロワッサン好きの定期予約をいただいているお客様に『シットリはシットリで、それも美味しいし、家でトーストすればサクサクになるからいいけどなぁ~』と仰っていただいており、梅雨入りの早い今年、長く休むのは少し心苦しい…

色々考え、今年は暑い時期も頑張ってみようかと思っております!
とはいえ、猛暑の35℃越えをして不要不急の外出を控えろ宣言みたいなのが出たら考えるところもございますが、今年はできる所までお休みせず焼く予定でおります。

シートバターを何とか無駄にせずすむよう、色々デニッシュに使えないものか試行錯誤しながら試作も頑張っているところでございます(。-人-。)

 

パンメニューについて
mpk-shukranをフォローする
スポンサーリンク
無添加ぱん工房shukran

コメント