本日の気まぐれパン♪

パンメニューについて

本日の気まぐれパンは『クロワッサンダマンド』『ショコラダマンド』『ウインナーボート』『コーンボート』『昔ながらのクリームパン』『shukran風ロールパン』です♪
時間とオーブンの余裕がありましたら『クロックムッシュ』『ロールパンのたまごサンド』ができたらいいな~と思ってはおりますが、まだ未定です…(。-人-。)

ダマンドとはフランス語で『アーモンド』という意味で、アーモンドたっぷりのクッキー生地を、クロワッサンにかけて焼いた『クロワッサンダマンド』、クロワッサンショコラにかけて焼いた『ショコラダマンド』、じっくり低温で時間をかけて焼き上げる焼菓子っぽいパンです。
風味の良い発酵バターを織り込んだ香り豊かなサクサクのクロワッサンとアーモンドクッキー生地が相俟って美味しいのですが、クロワッサンからはみでてカリカリになった部分も更に香ばしくて美味しいと人気の一品です。
※焼き立てのクロワッサンだと潰れてしまうので、焼きあがったクロワッサンが冷めて、少し冷蔵庫で寝かせて     から作り始めるので、登場するのは大体 11:00 前後になると思います。

『ウインナーボート』、国産豚肉を使用し、発色剤・保存料を一切使っていない無塩せきウインナーを丸ごと1本のせ、少し甘みのある、口溶けのよいパン生地とウインナー・マヨネーズ・ケチャップの相性がよいパンです。

『コーンボート』、北海道十勝平野にある更別村産のスイートコーンを使ったマヨコーンパンです。寒暖差が大きく日照時間が長い、農作物の栽培に適した土地で収穫された成熟したコーンの持つ芳香な甘味とシャキッとした食感が、少し甘みのある口溶けのよい生地とよく合います。

『昔ながらのクリームパン』、店主自慢の天然バニラビーンズをたっぷり使った手造りのカスタードクリームと
口溶けのよい甘味のあるパン生地の相性がよい、昔懐かしい感じのするクリームパンです。

『shukran風ロールパン』、バターロール風なテーブルパンです。バターは使用せず、製パン用の植物性油脂を使用して焼き上げています。そのまま食べてもサンドにしても美味しいと人気です。

コメント