塩バターパン♪

しゅくらんの塩バターパンには、ミネラルたっぷりのヒマラヤ岩塩を使用しています。

岩塩にはホワイト岩塩・ピンク岩塩・レッド岩塩・ブラック岩塩があり、ホワイト・ピンク・レッド岩塩は硫黄成分は含まれておらず、無味無臭なので初心者でも使いやすいと思います。
ナトリウム・カルシウム・カリウム・マグネシウム・鉄・マンガンなどの他、ミネラルが豊富で、まろやかで旨味・味わいが増します。 色が濃くなるにつれて鉄分含有量なんかも多くなる感じです。

ブラック岩塩は硫黄成分が含まれ、大涌谷の黒玉子のような香りがします。一癖あるので好き嫌いが分かれる所だと思いますが、ハマると抜けだせなさそうです(笑)

硫黄を含む岩塩には、有害貴金属の吸収を抑制する働きがあるとの事で、魚介類に含まれる微量の水銀や鉛、ヒ素などの有害貴金属のリスク対策で使う方も多いとか。

ちなみに我が家では、お客様に教わってから天ぷらはブラック岩塩で食べるのが好きです。
(以前、岩塩も販売しておりまして、購入されたお客様から教わりました)

岩塩はまろやかで甘味があり、味を主張することなく料理の味を引き立て、どんな料理にも合います。つけ塩にだったり、味付けに使ったりしても、素材そのものの旨味を引き出し、美味しくしあげてくれます。また酸化還元力があるので、水に溶かすとミネラル水になり、カルキもとぶそうですよ。

塩分制限をこころがけている方にもオススメだそうで、調理の際に食塩の使用量を減らすと物足りなさを感じますが、ヒマラヤ岩塩を使うと塩分量が少なくても旨味が増すので満足感があるのだそうです。
天然の旨味調味料ですねぇ~☆

岩塩は、多湿を避け常温での保存で賞味期限はないそうですが、パウダータイプの物は吸湿性が高いため、固まる事がありますが、揉みほぐしてから使用で問題ないそうですよ。

肝心のしゅくらんの塩バターパンですが、ピンク岩塩とレッド岩塩をブレンドしたものを使用しておりまして、塩バターパンの表面に赤っぽい点々があるのはレッド岩塩の粒です。

コメント