3R ?4R?5R?

先週、『リユースって何ですか?』と尋ねられ、つたない説明をさせていただきましたが、あまり説明上手ではないもので、ワカりやすく記事にアップしてみました。

足立区でパン屋を営むしゅくらんでは、ゴミの減量やリサイクル活動を推進するために頑張られている足立区のごみ減量推進課さんの『Rのお店』に登録させていただいており、その一環として、店内に『リユース☆カゴ』を設置し、自分達が使わなくなった物や食材の入っていた瓶などなどを入れてあるので、使えそうだなぁと思われるお客様に無料でお持ち帰りいただいたりしております。

我々が地球のためにできる行動には、使用エネルギーを少なくする行動(省エネ)や、空気や海などを汚さないようにする行動、そして生活から出るごみに関する行動があります。

環境省や各自治体などで推進されている『3R』とは、ごみを減らすための環境行動をあらわすキーワードで、限りある地球の資源を有効に繰り返し使う『循環型社会』をつくる小さな一歩になりうる3つのRがあります。

◆リデュース 使用済の物がゴミとして廃棄されることが少なくなるように物を製造・加工・販売すること
◆リユース  使用済みになっても、その中でもう一度使える物はゴミとして廃棄しないで再使用すること
◆リサイクル 再使用できない、また再使用された後に廃棄された物でも再生資源として再生利用すること

日本では、以前よりリサイクルという言葉が一番身近にありましたが、リサイクルショップなどは本当はリユースショップというのが正しい、というコトになります。

微力ながら、当店でもマイバッグのご持参をお願いしたり、2枚目からのレジ袋の有料化、過剰包装の自粛、リユースの推奨、などなどをしております。

とはいえ、お買上げ商品により、パンが潰れてしまいそうな場合は無料にて袋を分けて入れさせていただいております。レジ袋が多くなるとごみが増えて嫌だというお客様は遠慮なくお申しつけください。ご希望にあわせてまとめての袋入れもいたします。

そして微力にも及びませんが、我が家でもマイバッグを携帯したり、使い捨てのお箸やスプーンなどは頂かないように心がけています。

そして近年ではリフューズ(Refuse)や、リペア(Repair)を加えて、4R、5Rとすることもあるようです。突き詰めると7Rくらいまであるようです。

◆リフューズ 必要のない物を断わる。資源の節約のため、割り箸やレジ袋を断わること。

◆リペア 修理・修繕しながら長く大切に使い続けること。

ガチガチにやろうとすると面倒くさく感じると思いますが、1人でも多くの人がほんの少しずつ気を付けるようになるだけでも違うんじゃないかな~、くらいなゆるい感じで続けているしゅくらんです。

 

お店のお話 Rのお店
mpk-shukranをフォローする
スポンサーリンク
無添加ぱん工房shukran

コメント