お蕎麦♪

雑貨商品について

先日お伝えしましたが、店主の尋常性乾癬の治療をしていただいている主治医の先生だけでなく、呼吸器内科の担当の先生も変更されることになりました。
とても信頼している先生だっただけに大変残念なのですが、主治医変更にともない新しい先生の都合で初回はどうしても木曜しか予約できなくて5月19日(木)にお休みをいただき、診てもらってまいります(。-人-。)

以前には医師のすすめで健康指導も受けたり、生活改善を頑張っていた時期もあったのですがいつの間にやら…
体重増加や血液検査や血圧の数値が悪いと奥さんへの冷た~い視線が突き刺さるので、新しい先生に診てもらうまでに少し改善を頑張らねばと思って、この2ヶ月くらい、なるべく1日1食お蕎麦を食べるようにしております。

パンを買いに来てくださるお客様の中にはお蕎麦好きの方も多く、お買物しながらのソバ四方山話をさせてもらう中で、勉強になることが多く助かります(。-人-。)
そんなこんなで、最近お店にお蕎麦関連の物が増えていたのですが、GW休みにも新たに仕入れた物もあるので乞うご期待?です。まぁパン屋なんですけれど(笑)

そんな蕎麦友(←勝手に認定して厚かましくてスミマセン)でも、蕎麦好きで食べてただけなんで知らなかった~!と仰られるお客様もいらしたのでプチもプチすぎる薄~い蕎麦知識ですがお伝えしてみよ~かなぁ~と。

お蕎麦には免疫力アップに期待できるといわれているLPSが豊富に含まれています。
LPSとはグラム陰性細菌という種類の細胞の外側に存在する物質で、免疫の面では『マクロファージ』という免疫細胞を活性化させることで注目されています。
そんなLPSが豊富に含まれるお蕎麦を食べることで、マクロファージが活性化され、免疫力アップや健康な身体作りに繋がるのだそうです。

またダイエット効果もあるらしく、お蕎麦はGI値という食後血糖値の上昇度を示す指標が低く、タンパク質・食物繊維・ビタミンB1・B2・ルチンも豊富です。
ルチンは抗酸化作用をもち、毛細血管の強化・血液をサラサラにする効果があり、血行が良くなり体全体への栄養供給がスムーズになるためダイエットに効果的があるのだそうです。

そして抗酸化作用があるルチンは、穀物ではお蕎麦だけに含まれています。
ルチンは老化の原因となる活性酸素の除去や、ビタミンCの吸収促進、体内の細胞を傷つけようとする活性酸素を抑制することで、免疫力向上に役立つのでアンチエイジングに向いている食材なのだそうです。

ちなみに我が家は乾麺でも蕎麦湯を呑みます。
お蕎麦の茹で汁である蕎麦湯には、良質な植物性たんぱく質・ルチン・ビタミンB1・B2・ミネラルが大量に溶けだしているので捨てずに、最後に蕎麦湯でほっと一息つきがてら体を温めつつ、栄養も逃さず〆めるのも良いですよ。

元々は高血圧気味の店主のためにそば粉含有率の高いお蕎麦を食べて、蕎麦湯も呑ませるために始めたのですが、文章にしてみると良いことまみれですね~。
そんなこんなでしゅくらんで販売しているお蕎麦はそば粉多めタイプがほとんどです。
19日は血圧が高くないと良いなぁ( *´艸`)

コメント