こめ油♪

米油、再入荷しました!
オリーブオイルもそうですが、米油も容器は遮光瓶や紙パックのものの方が酸化防止でオススメとのことをお聞きしたので、今回は三和油脂さんの『まいにちのこめ油』を仕入れてみました。
ガスバリア性の高いフィルムでコーティングした紙パックタイプで、品質劣化を防いで新鮮さが長持ち、使用後はコンパクトに、ゴミの容積軽減にもつながります。

米油は玄米を精米するときに発生する『米ぬか』が原料、米ぬかには約20%の油分が含まれており、貴重な国産油脂原料です。一般的な食用油と比較すると、国産ということもあり少々お値段は張るように感じるかもですが、抗酸化作用を持つビタミンEが豊富に入っているため、体内の脂質を酸化から守り細胞の健康維持をサポートしてくれる優れものです。クセがないので揚げもの・炒めもの・ドレッシングなど、幅広くお使いいただけます。
また加熱安定性が良く、揚げ鍋への附着物が少なく、片付けの手間的にもありがたい油です。

揚げものをしていると油のニオイで気分が悪くなることがありますが、これは油を加熱することによって発生する油酔い物質(アクロレイン)の発生が原因と言われています。
米油を180℃で3時間加熱した後に油酔い物質の発生量を測定したデータがあるそうですが、米油は油酔い物質が少ないので油の嫌なニオイが少ないのだそうです。

米油リピーターのお客様に聞いたのですがゴハンを炊く時に小さじ1杯の米油を垂らすと艶のあるふっくらとした仕上がりになるのだそうですよ~♬

コメント