ひとくちセサミン♪

雑貨商品について
最近、店主が膝が痛い、肘が痛い、背中が痛い、腰が痛い(←コレは昔からですが)、というのでグルコサミン配合コラーゲンとかいう粉末を買って飲み物などに入れて飲ませようと企てたのですが、自主的に飲んでくれないし、飲み物に溶かして用意しておいても呑み忘れてるし、苦悶の表情を浮かべながら飲んでいるし…(泣)
そんな時、グルコサミン配合のゴマ菓子を見つけました!
お菓子なら置いておけば自主的に食べてくれるハズ!と思い置いておいたら、まんまと食べてました(笑)
味も、とってもゴマゴマしていて美味しいのに、白ゴマだけでなく金ゴマとローストアマニなんかも入っています!
一時期、アマニ油が話題になっておりましたが、アマニにはα-リノレン酸、食物繊維、リグナンという、3つの栄養素が豊富に含まれており、中でも現代人に不足しがちと言われている α-リノレン酸が多く含まれているのだそうです。また、α-リノレン酸は、体内に入るとEPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)へ変換されるオメガ3系脂肪酸のひとつで、青魚に多く含まれている脂肪酸と同じ種類で、血液をサラサラにする働きがあると言われている成分です。
人はオメガ3系とオメガ6系の脂肪酸は、体内でつくることができないので、口から入る物で摂取する必要がある必須脂肪酸です。

アマニは、食物繊維がゴマの2倍、α₋リノレン酸は150倍以上と言われており、水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるだけでなく、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があると言われており、毎日少しずつ摂取するだけで、流れのいい血液から化学物質を排出してくれる可能性があるそうです。しかも水溶性食物繊維は、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を整えるだけでなく、中性脂肪やコレステロール値を下げる効果があることもわかっていたり、体内の血液に含まれている化学物質を吸着しながら、便といっしょに出してくれるんだとか。

そしてゴマだって、食べられるようになった歴史は、なんと古代エジプトまでさかのぼり、かの三大美女であるクレオパトラさんが美容と健康のために愛用してきた歴史があるほど、その栄養と優れた美容効果は折り紙つきな食品のひとつです。
太古の昔は大変高価で、その価値は金と同じだとか、ゴマ1粒が牛一頭分に匹敵するほどだったとか… 現代では手が届く価格でヨカッたです。

こんな優れた食品を毎日の暮らしの中に美味しく取り入れることができて、ついでにグルコサミンで体の痛みが少しでも和らぐといいね、店主!

雑貨商品について
mpk-shukranをフォローする
スポンサーリンク
無添加ぱん工房shukran

コメント