シリカ炭酸水♪ 其の二

雑貨商品について

シリカは軟骨、腱など関節を形成する部位にコラーゲンを補充してくれるので、関節がスムーズに動くようになるのだそうで、店主にガブガブ呑ませなければ!!
…と思ったのですが、大量摂取して問題ないか心配なので更に調べてみました。

まず目につくのが、シリカ水を飲むと下痢になるという説。
これはシリカ水に多く含まれるマグネシウムによるものだそうです。マグネシウムといえば、整腸剤とかによく使われているアレですよね。様子をみながら自分に合った摂取量を少しずつ見極めた方がよいかもしれません。

ちなみに、腎機能が落ちている時に多くのマグネシウムを摂取すると、下痢の他にも吐き気や血圧の低下なども引き起こすので注意した方がよいと思います。

他に目についたのが発がん性があるとの説。
発がん性があるのは結晶質のシリカの方で厚生労働省やWHOからも使用が禁止されているのだそうです。
非結晶性のシリカは人体の健康に重要な栄養素であり、人体の重要な器官を構成する成分であり、身体に悪影響を与えることはなく、GLP基準(試験データの信頼性・精度を確保するための基準)の安全性試験においても基準をクリアしており、癌や副作用にはつながらないことが証明されているそうです。

あとは飲食から接種すると、血清中のシリカ濃度が上昇して約120分でピークに達し、その後ゆるやかに減少していき、3~9時間かけて不要なシリカは尿として排出されるため、過剰摂取の心配もないようですので、安心して生活に取り入れることができそうですね。

奥さんが説明すると老人ドリンクみたいになってしまいましたが、代謝の良い若い方などはシリカをどんどん消費して体組織を形成していくため、日常的にシリカ水を飲むように心掛けると良いのだそうですよ。
またシリカは野菜や海藻、穀物などからも摂取することができるので、それらの食品を意識的に食生活に取り入れていくことも大切なのだそうです。

コメント