島つまみシリーズ♪

雑貨商品について

沖縄の島つまみシリーズ『ラフテー』と『塩ダレ軟骨ソーキ』、入荷しました。
どちらとも保存料・化学調味料不使用のレトルトパウチ商品です。
そのままでも温めても美味しく召し上がれます。

ラフテー、沖縄の郷土料理の定番で、豚の三枚肉(豚バラ肉)を泡盛、カツオ出汁、醤油、黒糖などを加えてじっくり柔らく煮込んだ豚角煮みたいなものです。
沖縄以外ではあまり見かけないと感じる皮付き三枚肉を使うので、よく煮込まれた皮の部分はプルプルと柔らかくコラーゲンたっぷりです。
ちなみにラフテー、漢字で『羅火腿』と書くのだそうですよ。

ソーキ、豚のあばら肉(スペアリブ)の部位のことを言い、筋肉である赤身と脂肪がほどよく入っていて豚肉の味を堪能できる部位で、通常はしっかり甘辛味で煮込まれているものが多いですが、コチラは塩ダレ味です。
石垣の塩を使用しており、ブラックペッパーが効いているので、まさにつまみにぴったりです。

沖縄では豚肉は『鳴き声とひづめ以外はすべて食べる』ともいわれ、肉の他に、顔や耳の皮、足、内臓まで無駄なく使う習慣があるといわれるだけあって、軟骨まで柔らかく美味しく食べられます。

ちなみにソーキとは、骨付きあばら肉の部分が櫛(クシ)に似ていることから『スキ(沖縄の方言で櫛のこと)』と呼ばれるようになり、それが次第に訛っていき『ソーキ』と呼ばれるようになったと言われているそうです。

コメント