讃岐うどん

雑貨商品について

さぬきうどんの亀城庵さんの半生うどん、うどんに厳しい丸亀市民さんも認めていると言われているお土産うどんなのだというので仕入れちゃいました。

我が家は冷かけ大好きなので、流水でしっかりぬめりを取り、冷水でしっかりと締めると、なんとも艶やかな透明感と新鮮な弾力のあるうどんです。
昔、どこぞの讃岐うどん屋さんにあった『うどんの刺身』ってこんな感じかしら?と思うようにお美しいです♪

ちなみに大体どのお土産うどんも、うどんの10倍以上の水を使ってゆでると書いてあるものが多いですね~。
よく沸騰させたたっぷりのお湯で茹でることで、うどんの中の塩分が外に出て程良い塩加減の美味しい麺に仕上がるのだそうです。そして決して差し水はせず、しっかりと水洗いをする、最低3回はかえることが大事だそうですよ。

美味しく讃岐うどんを食べるために、何年もキッチンのシンク下に眠っていた生モツを茹でるしか使っていなかったような大鍋(←店主が満足いく量の10倍の水を入れる鍋がコレしかなかった)を引っ張り出して美味しくいただきました♬

コメント